嫌がるふりして濡れ濡れの風俗嬢

嫌がるふりして濡れ濡れの風俗嬢

投稿日:2015年8月4日 カテゴリ:いいところも悪いところも!本音の風俗体験談

インターホンが鳴り小走りでドアを開けると、写真と違う風俗嬢が立っていました。年齢は20代後半だったはずが、見た感じ30代後半です。夜遅いこともあり、疲れていて老けて見えるのか、それとも厚化粧なので老けているのかわかりませんが、想像していた感じではありません。仕事が忙しくて2週間ほど溜まっていたので、とりあえず中に入ってもらいました。好みの顔ではないので時間は短めの60分です。オッパイをいきなり揉もうとしたら、少し抵抗していました。しかし強引気味にオッパイを触ってみます。すると「やめて…」と言いながらも気持ち良さそうな顔をしています。本当に嫌なのか、マンコをチェックしてみると、グッチョリ濡れているんです。嫌がっているのは嘘だと判断して、乳首を中心に責めていきます。すると風俗嬢もエンジンかかってきたのか、自分からクリを触ってと要求してきました。触ってあげると、かなりアンアン喘ぐので演技?と疑ってしまうほどです。今度は交代してチンポを舐めてもらいますが、このフェラが上手なんです。やはり何人も経験しているプロというのは素人と全然違いますね。抑えることができずに出ちゃいました。